最近は女性だけでなく、男性もダイエットに興味のある方が多いです。私もお客さまから「簡単に痩せる方法はありませんか」とよく質問を受けます。そこで今回は、ダイエットに効果的な呼吸法についてお話したいと思います。

呼吸を意識することで美しい身体になれる

呼吸で美容効果を得るには、ただ呼吸するのではなく、呼吸をするときに使うインナーマッスルが大事なのです。呼吸をするときに働く腹筋には4種類あります。その中でも一番奥の筋肉である「腹横筋」をうまく使うことで、美しい身体になれるのです。

インナーマッスルをうまく使いこなす

腹横筋」は他のお腹の筋肉に比べて違った作用をする筋肉ですが普段の生活を送るうえでなくてはならない筋肉です。お腹を凹ませたときに一番使う筋肉です。

そのお腹を凹ます「腹横筋」をうまく使うことで、お腹や骨盤の形が美しくなり、そして身体が安定してしなやかに動けます。

呼吸をするのは肺でない

肺が勝手に吸ったり吐いたりすることで呼吸できていると思っている人がいます。しかし、肺にはそのような機能はありません。呼吸筋と呼ばれる筋肉が稼働して呼吸は行われているのです。

前述の通り腹横筋をつかうことで、身体がしなやかになります。それは呼吸筋としても深く関わっているからなのです。呼吸筋とは、呼吸に関わっている筋肉のことです。

呼吸はおもに肋骨に囲まれた胸郭を広げたり縮めたりすることで促されます。

その運動をする肋間筋(ろっかんきん)とは、肋骨の間を走る呼吸筋の一部で、その中でも外肋間筋は、肋骨を引き上げ、胸郭を広げ吸気を行う筋肉です。

また内肋間筋は、外肋間筋の内側にあり、肋骨を下げ胸郭を収縮させ呼気を行う。内肋間筋が収縮して胸郭が狭まくなると息が吐き出され、外肋間筋が収縮すると胸郭が広がって息を吸うわけなのです。

無意識に行っている呼吸ですが、この運動によって酸素を全身に運ぶことができます。吸い込んだ酸素をエネルギーに変え、体内に発生した二酸化炭素を外に排出することで基礎代謝が上がります。

基礎代謝が上がるということは、ダイエット効果が上がるだけでなく、免疫力も上がります。

腹横筋をうまく使っている人は姿勢が良い

呼吸筋として深く関わっているのが、腹圧を維持する腹横筋です。インナーマッスルのうち、姿勢を維持するために一番大切な「」としても知られています。

腹横筋は息を吐き切るときには不可欠な筋肉です。腹圧を上げて横隔膜を押し上げて、胸郭の容積を縮めます。

腹横筋がしっかり働いている人は、ふだんからよい姿勢がとれています。特にバレリーナは腹横筋がうまく利用できてます。インナーマッスルをうまく使いこなせば、綺麗な、しなやかな身体になることができるのです。

健康にいいことは、美容にもいい

腹横筋は「代謝アップ、便秘解消、生理痛の軽減、良質な睡眠」など、あらゆる健康に対して良い方向に導くポイントとなる筋肉です。腹横筋は綺麗な姿勢をとったり下腹部を意識することで、内臓にもいいのです。それは年齢とともに、下がってくる内臓が元の位置に戻ります。内臓の働きも活発になり、お腹を引き締められるのです。

呼吸と合わせてウエストをひねる運動をプラスすることで、ウエストを細くする筋肉(腹斜筋)も鍛えられ、メリハリのあるボディラインを手に入れることができます。

呼吸法でダイエット

普段意識しない肋骨周りを意識して呼吸をすることで、腹部の深層部の筋肉に働きかけ、インナーマッスルを強化できます。そして、さらに丈夫でしなやかなインナーマッスルへと変化し、太りにくくてやせやすい身体へと変わっていくことが期待できます。

呼吸法の素晴らしいところは、気になる部位に意識を集中させて行うことで、身体が反応し、理想的な体型を手に入れることができるようになれることです。

呼吸のやり方

インナーマッスルを鍛えるんは、鼻から吸って、口から吐きだすように意識して呼吸します。吸った時は背中の下の方に空気を入れます。イメージは肋骨の中に風船があってそれを膨らませるように意識します。口からしっかりと息を吐き出すと同時に、胃の前を誰かにつままれているように肋骨を閉じます。この時、下腹部はさらに引き締めて骨盤底筋群をぐっと上に引き上げるように意識することで骨盤底筋や腹横筋を働かせられます。

呼吸法をマスターすることで人生観が変わる

呼吸法をマスターすることで身体の中からダイエットでき、スタイルを変えることができます。浅くなりがちな呼吸にフォーカスして、身体の深層部分にまで新鮮な酸素を送り込んでいくことで身体全体が潤うようになります。

また、呼吸筋を鍛えて肺活量も増えます。呼吸を意識するだけで冷え性の改善やストレス解消、リラックス効果による精神面での安定など、さまざまな効果が得られます。

日本人はメンタルに弱いとされてますが、私達日本人はストレスに過剰に敏感なのです。ストレスに過剰なエネルギーはそれがコントロールされないときには弱さとなって表れます。

そのコントロールを強くすることができるのが「呼吸法」なのです。

なぜなら、私たちの祖先がまだ、自然と親しかったころ、緑豊かな山川の中で深々と呼吸をして大きな声を出して、遠くの仲間と連絡し合ってました。そんな呼吸は、昔の人にとって困難を乗り越える助けになってきたようです。

昔から呼吸を自然と大事にしてきた日本人ですが、現在では悲しいことに、呼吸の重要性は見過ごされてきてます。

ここでダイエットだけでなくメンタルも鍛えられる呼吸法をもう一度見直すことで、自分自身の内側まで変化させることができると思います。

ぜひ「呼吸法」を試してみてください。人生観が変わります!